最近の消費者金融には、無利息期間といって、新規借入から30日間利息ゼロでお金が借りられるお得なキャンペーンを展開しているところがあります。上手に使えば非常に便利な消費者金融ですが、生活費の補填のために利用することはおすすめできません。

生活費のために利用している人は多い

株式会社NTTデータ経営研究所の調査によると、消費者金融の利用者の借入した理由の第1位は日常の生活費のためだそうです。生活費を補填するためにお金を借りている人が、全体の半数以上に上ります。しかし、これはとても危険な行為です。レジャーなどのために一時的に利用するのと違って、生活費に充てるために借りているということは、毎月家計が苦しいことを表しています。生活が苦しくなるたびに消費者金融でお金を借りていると、借金の返済のために借金するという悪循環に陥る可能性が非常に高くなるのです。毎月の返済は数千円でいいと聞くと楽に返せると思うかもしれませんが、それが重なっていくうちに、そのわずかな返済が苦しいために新規に別の消費者金融から借金する人がいます。そうなると毎月返済しなければならないローンが2つ、3つと増えていく一方です。

借金の前に家計の見直しを

生活費のために消費者金融を利用すると、いつまで経っても借金生活から抜け出せなくなる危険があります。お金を借りなければならない状況が日常的に続いているからです。今の家計の状況を改善しなければ、来月もその次の月もお金を借りざるを得なくなってしまいます。消費者金融に頼る前に、改善できそうなところはないか生活を見直してみましょう。ちょっとした心がけで無駄な出費を減らすことは可能です。